« コンパクトな文房具たち CLステーショナリー 今度はテープとハサミ | トップページ | keygoes 何だこの物体は?? »

VICTORINOX ビジネスバッグはどれがいい

ビジネスバッグはどれがいい?TUMIに決まっているじゃん... って高くて買えないよ。という人が買うビクトリノックス

見た目は似てても新旧いろいろなモデルがあって選びにくい。新しいのはWEBや取り扱い店で現物で比較できるが,旧モデルは謎。
そこで,自分なりに旧モデルについて調べた結果をまとめておく。(自分のために)

型番 コメント サイズ(W×H×D),重量
39101 トレビ,ノートPC仕様でコンパクトとマチの拡張性で
一般的な使い方に最適
41cm×31cm×14cm~20cm,1.9kg
39121 39101の大きいサイズ 46cm×32cm×18cm
39161 ノートPCホルダが取り外し可能で大きめサイズ 45cm×33cm×17~23cm
39141 外ポケットが多いのが特徴。マチの拡張なし 42.5cm×32cm×14cm,1.8kg
37821 マチの拡張なしで,小さめサイズ 40cm×30cm×14cm
39271 モンテチェロ,マチの拡張あり 40.5cm×30cm×14cm~20cm,1.6kg
- (その他は気が向いたら追加しとく) -

使いやすさと拡張性から,39101や39121の系統が良さそうだ。
よくわからなかったらとりあえず新しいモデルを買えばいのだが,最近のモデルは何かビクトリノックスっぽくない。
機能的に進化しているとは思うんだが,赤のワンポイントとか丈夫そうなベルトとかが無いモデルもあり,普通っぽくなってしまった。あえて旧モデルを買いたいくらいだ。

但し,あまり古すぎるモデルはベルトのフックが壊れやすいらしい。オレも39101を持っており,数年でフックが壊れたので,ショップで確認したら5000円弱で販売されていた。
(ちなみに現行モデルの細ベルトは4500円くらい)。無いと困る物なので,高いか安いかは微妙だが...

旧モデルの壊れやすいフックとたぶん対策済みの新フックを比較写真を載せておいたので選定時の参考までに。
これがが旧モデルの壊れやすい形状。フックの固定ストッパー部が擦り減って抜けてしまう。

Vx1 Vx2

そしてこっちが対策フック。固定ストッパー部が大幅に変更されている。

Vx3

2つを並べてみたところ。旧モデル(写真左)から対策フック(写真右)でベルトリングも太く改良されているようだ。

Vx4

■ 追記
このページのアクセス数がかなり多いので写真のリンク切れや記事を修正しといた。

対策フックのベルトを1年半使ったら,今度は長さ調整リングが壊れたぞ。それほど使用頻度は多くないのだが信じられない。

Vx5 Vx6

他にも使い始めて数回でバック本体のベルトリングのゴム部が千切れた...,しかも両側とも。

Vx7 Vx8

ビクトリノックスのバッグはとても丈夫にできていると信じたいが... たぶん最新モデルでは改善されていると思うので旧モデルを狙っている人はご注意を。
単なる個体差かもしれないが...

■ また追記
ショルダーベルト4本目を入手したら,長さ調整リングの部分も形状が変わっていた。(左が4本目,右が3本目)

Vxb1 Vxb2

■ またまた追記
バッグのナイロン生地が剥がれてしまった。それほど力がかかる場所ではないのだが,縫い目がほつれて切れてしまったようだ。

Vxb3

ナイロン素材を接着するのは至難の業のようだが,とりあえず手元にあった変性ウレタン系接着剤で貼ってみた。(セメダイン スーパーXあたりもよさそう)

Jv15

Vxb4

見た目は付いているようなのでしばらく様子を見ることに...

■ 何度でも追記... どんだけ壊れんだ。
手前のファスナーポケット部が外れた。ここも生地のナイロンが解れてしまい縫い目から外れてしまったようだ。
かなり負担がかかる場所なので,エポキシ樹脂でガッチリ固めることにした。

Adh1

接着というよりは埋めるイメージで,はみ出したところは完全硬化する前に溶剤を軽く浸み込ませた綿棒でふき取ればキレイに仕上がる。

Vxx1 Vxx2

その後 数ヶ月(少し気を付けながら)使っているが全く問題ない。ナイロンとエポキシ樹脂は相性がよさそうだ。

ちなみにビクトリノックスのビジネスバッグは5個目。最近のモデルも一瞬使ってみたが,ショルダーベルトやフック構造などは改善されているものの,
ポケットのレイアウトが悪くてあまり収納できない。生地が固い。裁縫構造が違っていて随所で使いにくい。何よりも赤いワンポイントがなくてさびしい...
等々あって,結局のところ旧モデルに戻って使いまわしている。

|

« コンパクトな文房具たち CLステーショナリー 今度はテープとハサミ | トップページ | keygoes 何だこの物体は?? »

09 ビジネス書・ビジネスアイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンパクトな文房具たち CLステーショナリー 今度はテープとハサミ | トップページ | keygoes 何だこの物体は?? »