« 2018年1月 | トップページ

2018年8月

驚きのパター ニュートンプロライン TP-2015

超重量級のPING シグマG KINLOCH CBでもいいのですが,もっと最適なものがないか探したら面白いパター ニュートンプロライン TP-2015 を見つけました。

なんとフェースバランスではなくヘッドのヒールが上を向くという全く別のコンセプトのパターなんです。長めのシャフトにして重いグリップCB60を装着すれば,かなり扱いやすくなりそうです。

Pt2 Gp3

型番 ニュートンプロライン
TP-2015
シグマG
KINLOCH CB
シャフト長さ 35インチ(長め) 36インチ(中尺タイプ)
クラブ重量 586g → CB60 651g
697g 超重量級
ヘッド重量 385g けっこう重い 400g かなり重い
グリップ重量 69g → CB60 130g かなり重い 130g かなり重い
タイプ ヒールトップ セミアーク
ライ角 75度 70度
振った印象 真直ぐしか引けない 真直ぐ引きやすい

感触はいいのあとは練習あるのみ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PING パターの重さって重要っぽい

ウェッジの次はパターです。自分に合ったパターって難しいですよね。PINGのパターをいくつか試してみると,どうやら重いパターが合っているようです。

型番 ケーデンスTR
Piper T (青)
ケーデンスTR
B65 (黒)
シグマG
KINLOCH CB
シャフト長さ 31~38インチ(長さ調整機能) 31~38インチ(長さ調整機能) 36インチ(中尺タイプ)
クラブ重量 577g 596g 697g
ヘッド重量 340g 365g 重い 400g かなり重い
グリップ重量 136g かなり重い 136g かなり重い 130g かなり重い
タイプ セミアーク ストレート(フェースバランス) セミアーク
ライ角 70度 70度 70度
振った印象 ぶれる 真直ぐ引きやすい 真直ぐ引きやすい

フェースバランスも関係するかと思いましたが,クラブ重量のほうが重要であまり影響がないようです。重いヘッド+長いシャフト+重いグリップで選べばいいってこと。

Pt1 Gp4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PING パター 長さ調整レンチが折れた

ウェッジでのアプローチの次はパターです。スイングしやすいシャフト長さを調整しながら試していたら... 専用レンチの先端ネジが折れてしまいました~。

Gp1

改めてマニュアルを読んでみると回しすぎないよう警告されていました。それほど回していないと思いますが...

Gp2

ある時に固くなっていましたが気にせずに使い続けるとこうなるらしいです。前兆があったら絶対に使わずに直ぐに交換しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフネタを見直しました。

ゴルフにも随分と慣れて自分のスイングがやっと定まってきました。見た目ばかりでスコアはぜんぜんダメですが...
今見返してみると間違っていた試行錯誤の記事や当たり前すぎて全く役に立たない記事を削除しました。
混乱させてしまいすみません~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ