« PING パター 長さ調整レンチが折れた | トップページ | 驚きのパター ニュートンプロライン TP-2015 »

PING パターの重さって重要っぽい

ウェッジの次はパターです。自分に合ったパターって難しいですよね。PINGのパターをいくつか試してみると,どうやら重いパターが合っているようです。

型番 ケーデンスTR
Piper T (青)
ケーデンスTR
B65 (黒)
シグマG
KINLOCH CB
シャフト長さ 31~38インチ(長さ調整機能) 31~38インチ(長さ調整機能) 36インチ(中尺タイプ)
クラブ重量 577g 596g 697g
ヘッド重量 340g 365g 重い 400g かなり重い
グリップ重量 136g かなり重い 136g かなり重い 130g かなり重い
タイプ セミアーク ストレート(フェースバランス) セミアーク
ライ角 70度 70度 70度
振った印象 ぶれる 真直ぐ引きやすい 真直ぐ引きやすい

フェースバランスも関係するかと思いましたが,クラブ重量のほうが重要であまり影響がないようです。重いヘッド+長いシャフト+重いグリップで選べばいいってこと。

Pt1 Gp4

|

« PING パター 長さ調整レンチが折れた | トップページ | 驚きのパター ニュートンプロライン TP-2015 »

01 ゴルフ:お買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604735/66537221

この記事へのトラックバック一覧です: PING パターの重さって重要っぽい:

« PING パター 長さ調整レンチが折れた | トップページ | 驚きのパター ニュートンプロライン TP-2015 »