09 ビジネス書・ビジネスアイテム

ビジネスシューズはどれがいい?アシックス texy luxe

アシックスのtexcy luxe TU-7778というビジネスシューズを買ってみました。スニーカーのように履けるビジネスシューズってコンセプトです。

Tx1

色目は普通ですが,部分的にダークブラウンとの組み合わせでツートーンになっていますまた付属の付けるとカジュアルな雰囲気にもアレンジできます。

Tx2 Tx3

コンセプト通り走った時に違いがわかりました。駆け込み乗車でのダッシュ力で最強です。

ただサイズ選びが難しいので,失敗しないように実店舗で試し履きしたほうがいいと思います。
同シリーズでも形によりサイズが全然違って,他の型番ではちょうどよかったりブカブカでしたが,このTU-7778は2Eでかなり小さめでキッツキツでした...
ネットショップでの靴のサイズ選びって難しいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上に立つ人に必須なバイブル 意思決定12の心得

この本は一番最初に読んだビジネス書で今でも良書と思っています。(当時にこの本に偶然に出逢えたのは幸運でした)
リーダーってなんだろう? マネジメントって何をすればいいのだろうか? 誰しも悩むそんな疑問に明確に答えを示してくれます。
これができない人は上に立ってはいけないとさえ思わされるバイブルです。

... とは言っても堅苦しい文章表現ではないので,誰でも読みやすいと思います。

意思決定12の心得  仕事を成長の糧とするために
田坂 広志 (著)

田坂 広志氏の他の著書も好評なようなので,いつか読んでみたい。

お薦め度 ★★★★
読みやすさ ★★★★
納得感 ★★★★
お手頃感 ★★★★
再読したい度 ★★★★
お薦め対象 人の上に立つ立場を命じられた人
課長になりたての人
上長に漠然と不満を持っている人

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にヤバすぎる内容 ヤバい経営学

2016年に読んだ本で間違いなくNo.1のビジネス本。

ヤバい経営学  世界のビジネスで行われている不都合な真実
フリーク・ヴァーミューレン (著), 本木 隆一郎 (翻訳), 山形 佳史 (翻訳)

会社の中では何かと非常識や理不尽がことが起こりますが,役員だろうが上司だろうがやっぱり人ってことで,
その理由を実例と一緒に論理的に説明されていて,本当に納得できる一冊です。
とにかく会社って変わらないし,仕事に不満を持っている人は会社を辞める前に読んでみるといいと思います。
これを読むとどこに転職してもトップマネジメントレベルでは同じって気がします。
またこの内容とボリュームを考えるとお手頃価格でしょう。

お薦め度 ★★★★
読みやすさ ★★★☆
納得感 ★★★★
お手頃感 ★★★★
再読したい度 ★★★★
お薦め対象 役員,部長レベル以上
問題意識がある課長
上司に不満で転職を考えている人

 

| | コメント (0)

仕事は人の縁が全て 人のご縁ででっかく生きろ

仕事を極めてくると人間関係や信頼関係が最も重要となってきます。先にも後にも結局は人の縁が全てと本当にそう思います。
ではどうやってその良縁を作ったらいいのか,著者の実体験からくる心にしみるとてもありがたい話。易しい文章なので読みやすいです。

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

中村 文昭 (著)

電車の広告で購買意欲をそそられる質で,サンマーク出版のものはちょっと誇大広告ではないかと感じていました。
しかしこの本は間違いなく本物です。続編もあるようなので是非とも読んでみたい。

お薦め度 ★★★★
読みやすさ ★★★★
納得感 ★★★★
お手頃感 ★★★★
再読したい度 ★★☆☆
お薦め対象 人付合いが仕事の人
(営業職やサービス業など)
将来起業したいと思っている人
これから人生を歩む若い人達

 

| | コメント (0)

VICTORINOX ビジネスバッグはどれがいい

ビジネスバッグはどれがいい?TUMIに決まっているじゃん... って高くて買えないよ。という人が買うビクトリノックス

見た目は似てても新旧いろいろなモデルがあって選びにくい。新しいのはWEBや取り扱い店で現物で比較できるが,旧モデルは謎。
そこで,自分なりに旧モデルについて調べた結果をまとめておく。(自分のために)

型番 コメント サイズ(W×H×D),重量
39101 トレビ,ノートPC仕様でコンパクトとマチの拡張性で
一般的な使い方に最適
41cm×31cm×14cm~20cm,1.9kg
39121 39101の大きいサイズ 46cm×32cm×18cm
39161 ノートPCホルダが取り外し可能で大きめサイズ 45cm×33cm×17~23cm
39141 外ポケットが多いのが特徴。マチの拡張なし 42.5cm×32cm×14cm,1.8kg
37821 マチの拡張なしで,小さめサイズ 40cm×30cm×14cm
39271 モンテチェロ,マチの拡張あり 40.5cm×30cm×14cm~20cm,1.6kg
- (その他は気が向いたら追加しとく) -

使いやすさと拡張性から,39101や39121の系統が良さそうだ。
よくわからなかったらとりあえず新しいモデルを買えばいのだが,最近のモデルは何かビクトリノックスっぽくない。
機能的に進化しているとは思うんだが,赤のワンポイントとか丈夫そうなベルトとかが無いモデルもあり,普通っぽくなってしまった。あえて旧モデルを買いたいくらいだ。

但し,あまり古すぎるモデルはベルトのフックが壊れやすいらしい。オレも39101を持っており,数年でフックが壊れたので,ショップで確認したら5000円弱で販売されていた。
(ちなみに現行モデルの細ベルトは4500円くらい)。無いと困る物なので,高いか安いかは微妙だが...

旧モデルの壊れやすいフックとたぶん対策済みの新フックを比較写真を載せておいたので選定時の参考までに。
これがが旧モデルの壊れやすい形状。フックの固定ストッパー部が擦り減って抜けてしまう。

Vx1 Vx2

そしてこっちが対策フック。固定ストッパー部が大幅に変更されている。

Vx3

2つを並べてみたところ。旧モデル(写真左)から対策フック(写真右)でベルトリングも太く改良されているようだ。

Vx4

■ 追記
このページのアクセス数がかなり多いので写真のリンク切れや記事を修正しといた。

対策フックのベルトを1年半使ったら,今度は長さ調整リングが壊れたぞ。それほど使用頻度は多くないのだが信じられない。

Vx5 Vx6

他にも使い始めて数回でバック本体のベルトリングのゴム部が千切れた...,しかも両側とも。

Vx7 Vx8

ビクトリノックスのバッグはとても丈夫にできていると信じたいが... たぶん最新モデルでは改善されていると思うので旧モデルを狙っている人はご注意を。
単なる個体差かもしれないが...

■ また追記
ショルダーベルト4本目を入手したら,長さ調整リングの部分も形状が変わっていた。(左が4本目,右が3本目)

Vxb1 Vxb2

■ またまた追記
バッグのナイロン生地が剥がれてしまった。それほど力がかかる場所ではないのだが,縫い目がほつれて切れてしまったようだ。

Vxb3

ナイロン素材を接着するのは至難の業のようだが,とりあえず手元にあった変性ウレタン系接着剤で貼ってみた。(セメダイン スーパーXあたりもよさそう)

Jv15

Vxb4

見た目は付いているようなのでしばらく様子を見ることに...

■ 何度でも追記... どんだけ壊れんだ。
手前のファスナーポケット部が外れた。ここも生地のナイロンが解れてしまい縫い目から外れてしまったようだ。
かなり負担がかかる場所なので,エポキシ樹脂でガッチリ固めることにした。

Adh1

接着というよりは埋めるイメージで,はみ出したところは完全硬化する前に溶剤を軽く浸み込ませた綿棒でふき取ればキレイに仕上がる。

Vxx1 Vxx2

その後 数ヶ月(少し気を付けながら)使っているが全く問題ない。ナイロンとエポキシ樹脂は相性がよさそうだ。

ちなみにビクトリノックスのビジネスバッグは5個目。最近のモデルも一瞬使ってみたが,ショルダーベルトやフック構造などは改善されているものの,
ポケットのレイアウトが悪くてあまり収納できない。生地が固い。裁縫構造が違っていて随所で使いにくい。何よりも赤いワンポイントがなくてさびしい...
等々あって,結局のところ旧モデルに戻って使いまわしている。

| | コメント (0)

コンパクトな文房具たち CLステーショナリー 今度はテープとハサミ

(この記事は2013年に書いたものです)

どうでもいいコンパクトグッズのCLステーショナリーキットの流れでCLテープカッターCLコンパクトハサミも買ってみた。

Cl1  

CLテープカッター。昔もこんな感じのテープカッターがあったが,形状が少しオシャレになっている。カッター部が斜めなのは違和感が...

Cl3 Cl2

CLコンパクトハサミ。カッターのように見えるが,レバーをずらすと刃がニュキニョキと出てきて...

Cl5 Cl6

ハサミに早変わり。このギミック性はたまらん。本当にコンパクトなサイズなのだがハサミとしてはかなり使いにくい。

Cl4

いろいろ犠牲になっているところはあるが,意欲的なグッズであることは間違いない。小さいことはいいことだ。

 

| | コメント (0)

コンパクトな文房具たち CLステーショナリーキット

(この記事は2013年に書いたものです)

どうでもいいコンパクトグッズは続く... 文房具のCLステーショナリーキット(デザインフィル)を買ってみた。
同シリーズのいろいろなコンパクトグッズの詰合せだ。

Kg1

箱の中身はケース... 箱と色艶はそっくりだが,ゴム製でフニャフニャ。

Kg2

ケースを開けると文房具が詰まっている。すべて単体でも購入可能なものだ。

Kg3

それにしてもただならぬ重量感。重さを量ってみると203gもあるぞ。

Kg10

いくらんでも重すぎるので,中の文房具を取り出して量ってみるとたったの70gしかない。

Kg11

そうまさかのケースが一番重いのだ。ケースだけで134gってモバイルグッズとしておかしいだろう。

Kg12 Kg9

今回の一番のお目当てはCLコンパクトホッチキスⅢ。でも使い方がわからない...

Kg4 Kg5

押し刃をスライドさせると,

Kg6 Kg7

見慣れたホッチキスの形態に変化する。ウゥ~ン.... ギミックさが素晴らしい。

Kg8

肝心のケースがダメダメなのでステーショナリーキットで買う必要はない。欲しい文房具だけを買い揃えたほうがお得だし実用的だ。

 

| | コメント (0)